バツイチ育メンのお金を稼いで幸せになろう♪

☆経済不安時代を生き抜くマネー構築方法、お金の稼ぎ方・活用方法を紹介していきます☆仮想通貨(暗号通貨)投資をしております。各方面で複利運用予定♪億万長者も夢じゃない!バツイチ子育て会社員だってやればできる!みんなで情報をシェアしてお金にまつわる不安を解消しましょう♪

Coincheckで仮想通貨(暗号通貨)のお財布を作ろう☆

先日は、仮想通貨法がいよいよ日本で4月に施行されることを書きました。


「お金」って、「¥ 円」だと、硬貨、お札 が当たり前で、日常生活していますから、想像できない話だったかもしれません。


「お金」の概念を変えなければいけない時期が、すぐ目の前に迫っているのに、あなたは準備できていますか?
前回の記事、これから書いていく記事を見て、今のうちに少しでも知識をつけて 時代に取り残されて あわてることがないようにしましょう。 


現在、仮想通貨(暗号通貨)の代表格(基軸通貨)となっているのが「Bitcoin ビットコイン」です。
他にも「Ethereum イーサリアム」「Ripple リップル」・・・etc さまざまなコインが普及しています。知っていました?
ここだけ見て、パニックにならないでくださいね。。。苦笑

わかりやすく言うと、例えて言うなら「Bitcoin ビットコイン」は法定通貨でいう「$ ドル」ですかね。
「Ethereum イーサリアム」は「€ ユーロ」みたいな感じです。
ちょっとはイメージしやすくなりましたよね?


仮想通貨(暗号通貨)は、「購入する」とか「買う」という表現が一般的に使われていますが、自分は「両替する」もしくは「為替する」の表現があっていると思っています。
「¥ 円」を「Bitcoin ビットコイン」に両替することによって所有できるんです。
もちろん 逆に「Bitcoin ビットコイン」を「¥ 円」に両替もできます。

エクスチェンジ(両替)と英語表記されてます。
これって、「¥ 円」を「$ ドル」に、「$ ドル」を、「¥ 円」に交換している、現在の為替システムと 極端に変わらないんです。
仮想通貨(暗号通貨)が、だんだん身近に感じてきたでしょう♪


海外に行くときは、「$ ドル」「€ ユーロ」「元 げん」「PESO ペソ」など、訪問する国の法定通貨に換金・両替しないと、現地ではまずもって「¥ 円」が使えないのは、みなさんご存じだと思います。


しかし、スマートフォンにビットコインの「Wallet 財布」のアプリを登録して、「Bitcoin ビットコイン」を所有しておけば、国境なし、国別関係なし、365日・24時間制限なしで、どこにいてもビットコインの送金・受け取り・支払いが、スマートフォンで可能になるんです。国も銀行も介在しない「お金」なんです。
しかも、
格安の手数料で、銀行の営業時間に制限されることなく、ほぼ一瞬でビットコインの送金・受け取り・支払いが終了します。
わざわざ金融機関まで足を運ぶ必要もないし、現金を持ち歩く必要もないんです。
スマホがあればいいなんて、すごく便利だと思いませんか☆



みなさんにわかりやすいように、実例をお話ししましょう。


うちの娘は地元を離れて大学に通っています。
もちろんそうなると、親ですから、多少なりとも仕送りしないとなりません。


田舎なので、地方銀行はありますが、ほかの都道府県に同じ銀行はありませんから、全国組織のゆうちょ銀行に口座を作りました。毎月、きまった金額は 娘のゆうちょ銀行の口座に振り込んでいます。

あるとき、娘から、
「ごめん!急なんだけど3万円送ってほしいんだけど・・・サークルの合宿費で、仕送り分じゃ足りなくて・・・よろしくです!」
と、電話が来ました。
マジかぁー・・・と思いながらも、
「仕方ないなー・・・明日か明後日、仕事で空いた時間みつけて振込しとくよ。」
と、言うと、
「それが、明日の朝イチで出発だから今日中にお願いします!!」


「はぁー!!!なにそれ???お前バカか!なんでそんなギリギリになって言うのよ?いきなり3万って給料日前だぞ!しかも今、何時だと思ってんのさ?」
(給料日前だなんて 今になって冷静に考えると、娘には関係ないですね・・・苦笑)
「午後2時15分くらい・・・」
娘は、今からゆうちょ銀行に走ってくれれば、今日中に振込になると思ったのでしょう。
まだ午後3時前ですから。


ところが、タイミングが悪かった!
私は、田舎の山の奥の製材所で、製品の積み込み作業の真っ最中!!
作業を放置して、町までどんなに急いでも30分以上はかかります。
信号や、のろのろ運転の車、渋滞にひっかかったら、間に合いません。
まして、一時的といえども、仕事をほったらかしにしていなくなった・・・なんて会社に知れたら大変です!


「あのさ、無理!今、山の中で仕事中だから3時には間に合わないな。先輩か友達に借りてなんとかして。後で振り込んでおくから、それで返せばいいんだ・・・仕方ないべ。」
「そっか・・・んーー・・・じゃ、いいや。今回の合宿、欠席するわ。仕事中にごめんなさい!なんともならないし、仕方ない!」
なんか、割り切れない気持ちをお互いもったまま、電話を切りました。

その後も、娘の、自分自身に無理に言い聞かせているかのような「仕方ない!」が心に響いていました。


電話からしばらくして、娘からLINEがきました。
{仕事中にすみませんでした。これからは前もって連絡、報告します・・・m(_ _)m}



ため息をつきながら、LINEを消して、スマートフォンの待ち受け画面を、ぼーっと見ていました。
「おおおおおーーーーー!!!!!」(どんな声だったか記憶にありません・・・苦笑)
私は車の中で、雄叫び?叫び声?なんとも表現できない声を上げていました☆☆☆


なぜだと思います?

スマホの待ち受け画面に見つけたからです!
神を!救世主を!アプリのアイコンを!!!
神は我を見捨ててはいなかった!そう思えた瞬間でした。(猛爆)


テレレレッテレー♪♪♪♪
「Coincheck コインチェック」のアプリアイコン!(ドラえもん風)


解説しよう!!
「Coincheck コインチェック」とは、「Bitcoin ビットコイン」の「Wallet 財布」のアプリである!(ポケットモンスター風 もしくは タイムボカン・ヤッターマン風)


勘のいい方なら、もう、おわかりになったかもしれません。
そうなんです!
私は、ビットコインを所有していたのです!!!!!



私は急いで、娘のLINEに「Coincheck コインチェック」の登録URLを送りました。
(下記のバナーをクリックして登録できます。)

まったく事態の呑み込めていない娘に、
「とにかくいいから、だまって言うとおりに、LINEに送ったURLをクリックして、画面の指示に従って登録して!」
と電話して、スマホに「Coincheck コインチェック」アプリをインストールさせました!
「受信用アドレスをコピーしてLINEでおくって」
と、操作を説明しながら、娘に送ってもらい、
「今から、そのスマホにビットコインで、3万円送るから
「は?意味わかんないんですけど・・・???えっ?マジで?うそでしょ?ホントに?スゲエ!ほんとに届いた!!パパ、ありがとぉ~!!」

娘の驚きよう、喜びようは半端ではありませんでした ¥(^^)¥
と、ここから先を書き出すと長くなるので、詳細は後日にでも・・・(^^)


で、だいぶ端折りましたが、娘は、ビットコインを日本円にして、無事に合宿に行くことができました☆☆☆


(※詳しい方はわかると思いますが、コインチェックは、メールアドレスとパスワード設定だけで登録できます。5万円以下の入出金には本人確認書類は必要ありません。今回は3万円だったので、娘は 即 受け取りできたんです。パチ♪パチ♪♪パチ♪♪♪)



ねっ!すごい身近にある話だったでしょ?

仮想通貨(暗号通貨)は、離れた場所にいて、急にお金が必要になっても、こんなことが簡単にできちゃうんです。
言うなれば「お金のどこでもドア」もしくは「お金のインターネット版」って感じですかね☆

「Coincheck コインチェック」の登録は無料で簡単にできます♪


今後はビットコインと関わる機会が増えますから、登録だけでもしておくことをお勧めします。


上記のバナーをクリックするか、下記のURLをクリックして登録できます。
(パソコン、スマートフォンどちらからでも大丈夫)


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck
https://coincheck.com/?c=U3iLu16HDv0



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。